OMD International

MENU

PJ7:ガーナ展開

PJ7:ガーナ展開|OMD International

日本人がまだまだ目を向けていないアフリカ大陸。現地における日本人の存在感、自動車以外での日本ブランド浸透力の低さに危機感を感じていました。
予想をはるかに超えて魅力的なガーナ共和国とご縁を頂き、日本人が忘れかけている心の豊かさや人々から湧き出るバイタリティーを頂く一方で、日本の技術力や日本式の素晴らしさをご提供し、両国の架け橋とることをめざします。
笑顔あふれ夢のある痛快なプロジェクトを展開し、いつしか野口英世級の伝説に挑戦します。

ガーナでの栄養源の不足、今後の人口増加に伴った食糧の供給不足、現地の低所得の改善に向け、太陽光発電事業や養豚事業、外食事業、不動産事業を展開します。

養豚場から飲食店運営まで自社一貫体制で事業展開することにより、流通、加工等の派生事業をガーナでの労働需要の創出や所得増加につなげ、それに伴うエネルギー需要の増加に対しては、弊社の得意分野であるエネルギーインフラを役立てます。

また、将来的には日本の人口減少による労働力不足に対処するため、ガーナから労働力の供給を、そして、日本のメンタルヘルス問題には、ガーナでの気づきをヒントに日本人が忘れかけている心の豊かさ、幸福感を提供することで改善を目指します。

さらに、日本とアフリカのパイプ役として、日本の中小企業がアフリカを豊かにするための優れた技術やノウハウを提供しやすいよう、日本企業進出のための環境づくりにも力を入れます。

OMDの挑戦が、中小企業に希望と夢を与えられるよう邁進しながら、ガーナから始まったこのプロジェクトが、やがてアフリカ全体に拡がるころには、OMDという名は野口英世よりも有名になっていることでしょう。