OMD International

MENU

PJ3:次世代循環型農業

PJ3:次世代循環型農業|OMD International

環境事業に取り組む企業として、食の安全や、土壌、水への関心が深まったことがきっかけとなり、弊社の技術が地球に優しいことを自ら実証しようと、農業という新しい分野でのチャレンジが始まっています。
生産者としてワクワクしながら、派生する新たな事業でも雇用を増やし、利益を生み、ビジネスとして回していく仕組みで、次世代循環型農業の確立を目指します。
新参者の挑戦が日本の農業を元気にする伝説です。

生きることの根源である農業や畜産業への恩返しと、衰退する一次産業を盛り上げるため、最先端の技術で生産性の向上や作業の効率化を図り、一次産業に携わる人々の笑顔を増やします。また、日本における食糧の自給率向上につなげ、輸入に頼らず国内での安全な食糧確保と日本の食文化を守ることに寄与します。

現在、パクチ―のハウス栽培においては、ハウスの建築資材を輸入し建築することから始まり、ファンの取り付けや温度管理など、電気事業を含めた全ての作業を自社で行うほか、除菌効果の高い電解水やナノ技術を用いた、人と地球に優しい栽培方法にチャレンジし、日々研究を重ねています。そして、エネルギー創出の観点からは、小さな規模でもエネルギーを生み出せる小型バイオガス発電機の開発・普及を目指します。

作り手になるワクワク感を楽しみながら、農業や畜産業における生産、加工、流通、廃棄物から肥料やエネルギーの創出等、すべて収益へつなげ、現在の点と点を結ぶ線を創ることにより、採算性を兼ね備えた本当の意味での循環スパイラルを生み出します。